初めてでもできる整理整頓のハウツー!どうしても出来ないなら…

整理整頓や収納が下手で部屋の中に、小物や衣類がどんどん貯まるという悩みを持つ主婦の方は結構います。ここではそのように整理整頓が苦手な方のために、色々なものの効率的な収納方法や、キッチンやクローゼットにあるものの収納場所と収納に使うアイテムについて紹介します。
またどうしても自分の手に負えないと思った時に利用できる、家事代行サービスの詳細についても説明します。

整理整頓はいらないものを捨てることから!

整理整頓をする際にはまず心がけることは、必要ではないものはすぐに捨てるということです。当然ですがものが少なければ、それだけ整理整頓をするのはスムーズになります。
したがって掃除をする時にはまず、何かを何処にどうやって片付けようかと考える前に、それが本当に必要なものなのかを先に考える癖をつけましょう。しかしながら具体的にどういう基準でものを捨てればいいのかわからない人は、次のポイントを参考に捨てるものを決めてみましょう。

1. 捨てたとしてもすぐ手に入るかどうか

一つ目のポイントは、捨てたとしてもすぐに手に入りやすい安価なものかどうかです。例えば雑巾やライター等がこれに当てはまります。
これらのものは再び必要になったとしてもすぐに購入することができるので、余っているならすぐに捨ててしまいましょう。

2. 使う機会が殆どないもの

二つ目に捨てやすいのは使う機会が殆どないものです。何年も前に使っただけで放置されているたこ焼き機や、通販で買ったが全く使用しなくなったダイエット器具等がこれにあてはまります。
購入費を考えると捨てづらいですが、どうせ使わないのなら割り切って捨ててしまいましょう。

キッチンで役立つ収納術と収納用品

キッチンでは洗剤や調理器具、場合によっては缶詰等の様々なものを収納しなければいけませんが、その中でも一番収納に困るのは恐らく食器類でしょう。
適当な棚にお皿等を高く重ねておいているだけでは、一番下の皿がとりにくいといった問題や、高く積み重なった分バランスが崩れやすく地震等が起きた時に割れやすいといったリスクもあります。

コの字ラックで種類ごとにまとめる

そんな時はコの字ラック等を利用して、皿を同じ種類ずつに分けて置いておくのがオススメです。また陶器ではない、プラスチックの子供用食器等の場合は、大きめのざる等にまとめて入れておくのもオススメの収納法です。
何故ならばプラスチック製の食器は陶器と違い割れにくいので、ある程度適当な方法で収納していても取り出す際に危険と手間が少ないからです。

よく使う調理器具の収納法

またフライパンやまな板等のよく使う調理器具は、キッチンの壁面に組み立て式のランドリーメッシュラック等を立てかけて、そこにS字フックを利用して吊り下げておくことで、収まりもよくなり使用する時にすぐに手に取ることができるようになります。

キッチンでオススメの調味料の収納方法

キッチンは醤油や砂糖等の調味料の収納にも困りやすいといえます。何故なら調味料は料理等で使う機会が多い割には種類が多いため、どこに置けばいいか迷いやすいからです。
しかしながらあまり調理台から遠い所に調味料をしまうと、使う時に不便になってしまうのは確実なので、調理台から離れた場所にしまうのだけはやめておきましょう。

ガスコンロ下の引き出しがオススメ!

オススメはガスコンロ下の引き出し等に入れておくことです。しかしながらその収納法を試そうとしたが、引き出しの収納スペースが足りなかったという人もいるかもしれません。
そういう時は調味料入れを平べったいタイプのものか小型のものにしておくと、殆どの引き出しに調味料を収納できるようになるのでオススメです。あるいは引き出しにしまうのではなくビス止めした棚などを自分で作って、調味料専用のスペースを確保してそこに収納しておくという方法もあります。

クローゼットの収納のコツと収納ケース

クローゼットに衣服を収納する場合でも、まずは必要のない服を捨てることから始めましょう。基準としては殆ど同じデザインの服の片方やサイズが合わなくなったもの、流行が過ぎたもの等を中心に処分するといいです。

クローゼット内の上手な収納

次に収納の方法についてですがハンガーで吊り下げるだけだと、ハンガーの量が足りなくなったり衣類を探す際に面倒だったりします。
したがって吊り下げている衣服の下に収まるぐらいの、クリアタイプの引き出し型収納ケースを使用することをオススメします。これらの収納ケースには白いTシャツ等の特徴があまりない衣類を種類別に、まとめて入れておくことで着替える際に色々なところを探さなくて済みます。
またクリアケースなので外からどういう衣類が入っているかが、確認しやすいというメリットもあります。

家事代行サービスに収納を頼むのも手

どうしても自分で収納するのが上手くいかないという人は家事代行サービスに頼むという方法もあります。
家事代行サービスとは忙しくて掃除ができない人や、捨てるものは全て捨てたがそれでも収納スペースが足りないといった人たちに代わり、掃除や収納等を行ってくれるサービスの事をさします。

収納を頼む場合の流れ

仮に収納を頼む場合の流れとしては、何に困っているかを訪問してきたスタッフに相談し、どういう風に部屋を片付けたいか等をヒアリングした後、その要望にそってスタッフさんが実際に掃除や収納に着手するといった感じです。
また代わりにそれらの掃除や収納をしてくれるだけでなく、より効率的な収納方法をレクチャーしてくれたり、捨てるものに対してより詳しいアドバイスをくれたり、といったサポートもしてくれます。

家事代行サービスの「カジタク」

もし家事代行サービスに頼んで収納をしてもらおうという人には「カジタク」がオススメです。その理由としては「カジタク」は豊富な経験を持つスタッフが多いという点がまず挙げられます。更に他の理由としては全国で初めて全国家事代行サービス協会という、家事代行サービスの品質を保証する機関から認証を受けた会社でもあります。

イオングループが運営

また「カジタク」の運営母体はイオングループという大手企業なので、そういった点からもサービスの質や信頼性は高いです。代行サービスプランの種類も多く様々な客のニーズにあったプランを選びやすいのも特徴といえます。
その上掃除や収納等の仕事内容が気に入らなかった場合は、規定の範囲内で家事のやり直しをしてくれるという保障があるのも嬉しいポイントです。利用者調査では顧客満足度97%を誇っており、「カジタク」の評判は他の家事代行会社より高いといえるでしょう。


2018年オススメ家事代行業者ランキング