家事代行サービスとは?業者の選び方や他のサービスとの違いを紹介

家事代行を依頼しようと考えている方の中には、具体的にどのようなサービスなのかわからない、どの業者を選ぶべきなのか悩んでいる、といった方もいるのではないでしょうか?
そこで今回は、初めて家事代行サービスを利用する方のために、このサービスに関する基本的な情報や、何を基準に選べばいいのかなどを紹介していきます。

家事代行とは?

家事代行とは、専門業者に依頼することで、家事を代わりに行ってくれるサービスのことです。ハウスクリーニングやお手伝いさんなど様々な呼び方がありますが厳密には異なり、家事代行は一般的な家事を全て代行します。
ハウスクリーニングの場合は清掃に特化しているため、専門的な知識と技術を駆使して徹底的に家庭内を掃除してもらうことができます。

プロのスタッフに家事を代行してもらう

家事代行では、家事に関する知識を持ったスタッフが依頼のあった家庭に訪問し、家の中の掃除や料理、洗濯などを行います。家事を行う際は、家庭内にある道具を借りて行うことが家事代行の特徴です。
しかし、仕事のレベルが高い場合は依頼することができないケースが多く、例えばエアコン・換気扇の清掃など、特殊な知識・スキルなどが必要な家事は代行してもらうことができません。

家政婦と家事代行の違い

家政婦と家事代行の大きな違いは、雇用関係の違いです。家事代行の場合は契約する対象がサービスを展開している法人となっています。一方で、家政婦の場合は紹介会社を通じて、直接雇用関係を結びます。
雇用関係が異なることで、何かしらのトラブルが起きた際の対処方法が異なってきます。家事代行ではトラブルが発生した際、依頼した会社へ連絡すると対処してもらうことができます。家政婦の場合は依頼者と家政婦との個人的な話し合いで解決する必要があります。

依頼した日時に来てもらえない場合も

他にも、家事代行はサービスを提供している会社にスタッフが何人も在籍しているため、依頼した日時には必ず来てもらうことができますが、家政婦の場合は体調を崩したり、何か問題が発生した際、依頼した日時に来てもらえないこともあります。

家事代行に依頼できること

家事代行に依頼できるサービスは、日常的に発生する家事のみとなっています。専門性が求められる家事に関しては依頼することができないので注意しましょう。
依頼できる具体的な家事としては、部屋の片付けや食器洗い、水回りの清掃、クリーニングの受け渡しなどが挙げられます。水回りの清掃に関しては、排水口の中までは掃除できないという業者もあるため、事前に確認しておきましょう。

家事代行に依頼できないこと

そして、依頼できない内容は、レンジフード内部の清掃や洗濯機の内側の清掃、フローリングのワックスがけ、室外機の清掃などがあります。これらは、専門的な機材や知識が必要であったり、場合によっては資格が必要なこともあるため依頼することはできません。

家事代行のメリット

家事代行のメリットには、自宅を清潔に保つことができる、プライベート・仕事の時間を確保できる、家事に対する精神的・肉体的な負担が減る、といったことが挙げられます。
家事代行を依頼すると、まとまった時間が必要な家事や、普段なかなか手の付けられない箇所の掃除なども含めて代行してもらうことができ、自分ではできないレベルに家の中を清潔にしてもらえます。

時間の節約・短縮にも!

さらに、本来であれば時間をかけていた家事を代わりに行ってもらえることで、空いた時間を自由に使うことができます。家事代行を利用する多くの方が時間の確保を目的に利用しています。
また、普段家事を行っている母親・父親の負担を少しでも減らすために、プレゼントとして家事代行を依頼するケースもあります。

家事代行のデメリット

家事代行のデメリットとして、まずはお金がかかることが挙げられます。当然ではありますが、家事代行を依頼すると、毎月いくらかの料金を支払わなければなりません。
例を挙げると、毎月1万5千円を家事代行に支払うとすると、年間で18万円となります。定額料金での支払いが厳しい場合は、1日だけなどのスポット利用を依頼する方法があるので、利用方法を検討してみましょう。

プライバシーに関わるリスクも

次に、プライバシーに関わるリスクが発生するというデメリットもあります。基本的には、どの業者もしっかりと研修を行い、依頼者が不在の間でも任せられるようになっています。
しかし、知らない人を自宅の中に入れるということは、多少なりともプライベートな情報を知られるリスクが発生します。心配な方は、知られたくない情報を鍵のかかる場所に保管するなどして、対策しておきましょう。

家事代行を選ぶ基準

料金プランは最適かどうか

家事代行を選ぶ際は、まず自分のライフスタイルに合ったプランが用意されているかどうかを確認しましょう。家事代行サービスを展開する業者では、どの家事も代行してもらうことができますが、一部の家事がオプションサービスになっていることで別途料金が必要なケースがあります。
代行してもらいたい家事があるかどうかを事前にチェックし、該当するプランが提供される家事代行業者を選ぶことで、リーズナブルに依頼することができます。

サポート体制は充実しているか

また、トラブルが発生した時のフォロー体制が充実しているかどうかも、家事代行を選ぶ基準となります。家の中のものが破損したり、汚れたりしてしまった場合に、損害賠償を受けられるのかどうか、トラブル発生時の保険が用意されているのかなどを確認して依頼することが大切です。
もし、初めての家事代行サービスで不安がある場合は、お試しサービスなどを利用して、家事代行がどのようなサービスなのかを確認してみましょう。


2018年オススメ家事代行業者ランキング