忙しいあなたのために!時短家事のポイントを教えます!

普段から家事に時間がかかってしまう人は、なかなか自分の時間が持てないことなど家事のせいで時間が亡くなってしまう現状に不満や不安を抱えている人が少なくありませんよね。そのため家事で1日を終わらせないために、家事の時間を短縮できる方法を知りたいと思っている人も多いようです。
そこで今回は、時短家事のポイントをいくつか紹介していきます。

複数の作業は同時に進行して片付ける

家事に時間がかかってしまう人に多く見られる特徴として、家事を1つずつこなしているという点が挙げられています。
1つずつこなすと一見丁寧に家事をしているように見えますが、実際には空いた時間をうまく活用できずに余計な時間をかけてしまっていることも多いのです。

そのため同時進行できる作業は一斉に進行させてしまった方が、効率よく家事をこなすことができます。例えば洗濯機を回している間はほかの作業が可能なので、ご飯を炊いたり掃除をするなどほかのことを同時進行しやすいですよね。

特に洗濯機や炊飯器などスイッチ一つで自動的に作業をしてくれる家電を使った家事は、スイッチ一つを押しておけば作業が完了するまで30分はかかります。その間にほかのことをしておけば、複数の家事をこなすことも難しくありません。

ちなみにポイントとしては、家電が自動でこなしてくれる作業と自分の手で行わなければいけない作業、そしてちょっとした空き時間にできる作業とグループ分けをすることです。それらの組み合わせを考慮して作業をしていくと、家事の計画も立てやすくなります。

毎日繰り返す家事は短縮できるところは短縮する

家事の中には、毎日繰り返しているものがありますよね。例えば買い物や料理、掃除や洗濯などが代表的です。
これらの作業の中には実は毎日こなさなくても短縮できるものも少なくないため、短縮できるところをしっかり短縮するのも時短家事をする上で重要なポイントとなっています。

買い物であれば毎日行くのではなく何日分か買い置きをしておく、食材の配達やネットスーパーを活用するという方法もあります。また掃除であれば、トイレに行った時やお風呂に入った時など何かをするついでにその場所を掃除するというのも一つの短縮です。

特に掃除は毎日家の中全てを掃除しなければいけないわけではないので、毎日掃除するところと何日かに1回ペースで掃除するところを分けるのもありだとされています。

ほかにも料理は作り置きやまとめて作ることで調理時間を短縮できるほか、夕方に朝食の準備をすることで忙しい朝に余裕を持つことができますよね。このようにちょっとでも短縮できるところを見つけることで、時間だけではなく心にも余裕が持てます。

やらないといけないことはすぐにやる

ほかにも時短家事のポイントとして挙げられているのが、「やらないといけないことを先延ばしにしないこと」だとされています。

後でもできることやもう少し期日に余裕があるものは、ついつい後回しにしてしまいがちですよね。ただそうして先延ばしにしてしまうと忘れてしまうことも多く、いざ思い出した時には余裕がなくて焦ってしまうという人も少なくありません。その結果余裕がない時にしなければいけなくなってしまい、忙しくなってしまうのです。

そのためやらないといけないことや、やっておいた方がいいことは、先延ばしにするのではなくすぐにやっておく方が落ち着いてこなすことができます。また先にやっておけば後から急いでしなくてもいいので精神的にも時間的にも余裕ができますし、忘れてしまうミスもないので特に忘れっぽいという人にはおすすめのポイントです。

自分一人でこなさずに家族を巻き込む

時短家事には1人でできることも多いですが、毎日こなしていこうとすると1人では限界だという部分も出てきます。それでも無理をして抱え込んでしまうと、時短家事で時間に余裕を持つことができても心に余裕を持てなくなりますし、毎日慌ただしくなるため疲れてしまいますよね。

そのため家族と一緒に生活している場合は、家族を家事に巻き込んでしまうというのも大切なポイントだと言われています。家事の分担は1人で抱える家事の量を減らすことができるので全体的な家事の時間短縮につながるのはもちろん、精神的にも身体的にも負担を軽減できるという点で大きなメリットがあるのです。

中にはなかなか家事分担に協力的ではない家族もいますが、何らかのきっかけを作ったりモチベーションを挙げるように声掛けをしていくと協力してもらいやすいと言います。そのため主婦・主夫だから1人で家事をしなければいけないという意識を変えていくことは、時短家事に繋げるとともに家族に役割を与える・コミュニケーションの一環に繋げることにもなるのです。

便利アイテムを活用する

家事をしていて1つの作業に手間や時間がかかってしまうと、ほかの家事をする時間が削られてしまうなど面倒くさいことになりますよね。

例えば料理であれば食材を切り分ける・茹でる・煮込むなどの作業に時間がかかりやすく、掃除でも雑巾がけをして掃除機をかけてと作業が増えるとその分手間や時間がかかりがちです。このような面倒な手間や作業を省くためにおすすめだと言われているのが、様々な時短・便利アイテムの存在だと言います。

多くの時短・便利アイテムは通常であれば複数の工程が必要な作業をひとまとめにしてくれるものなので、使うだけで一気に面倒な工程や過程を省くことができます。その上で家事の仕上がりも問題がないため、手抜きをしながらも手抜きをしているように思えない結果を出すことが可能です。

一般的には料理に関する便利なアイテムが多く見受けられますが、それ以外にも掃除や洗濯に関連する便利アイテムも数多く販売されています。これらをうまく活用して余計な手間を省くことも、時短家事のポイントです。

片づけやすい配置や環境作りをする

家事に時間がかかる意外な原因として、普段の片づけができていないことが挙げられています。家事をする上で必要な道具や物の場所が決まっていなかったり、乱雑に置かれているだけだと道具や物を探したり取り出す・片づける作業だけで余計な時間がかかってしまいますよね。

このような余計な時間を短縮するためにも、家事に必要な道具や物を収納する場所や環境は片づけておくことが必要です。ある程度道具や物の配置が決まっていればそこから取り出せばいいだけですし、片づける時も同じ場所に片付ければいいのでいちいち場所や配置を考える手間や時間を省くことができます。

道具や物の配置や片づける場所を決めるコツは、使う場所の近くにすることです。

例えばトイレ掃除の道具であればトイレ内やその付近に置くとついで掃除がしやすく、食器や調理器具はキッチンに置くことですぐに使えますよね。このように家事と家事に使う道具や物をできるだけ近づけて片付けておくことで、結果的に時短だけではなく使い勝手の良さなどのメリットにも影響してくるのです。


2018年オススメ家事代行業者ランキング