手間をかけない!簡単料理レシピを大公開!

健康維持のために自炊を心がけていても、毎日の料理は時間も手間もかかり大変です。育児や仕事、ほかの家事で忙しく、なかなか新しいレシピに挑戦する機会がないという方もいらっしゃることでしょう。そこで今回は、手間をかけない簡単料理レシピをご紹介します。時短も節約もできるレシピなので、ぜひ作ってみてください。

ミートソース缶と餃子の皮で作るミートソースラザニア風おかず

餃子の皮が余ってしまった時や、あと一品追加で作りたい時におすすめのレシピです。ミートソース缶と餃子の皮で作るミートソースラザニア風おかずは、包丁やまな板も使いません。材料費も安価で、時短と節約の両方を叶えてくれます。

味付けもミートソース缶をベースにしているため、小さなお子さまも食べやすく、アレンジ次第ではお酒のおつまみレシピとして活用することができるでしょう。また、野菜などを追加するとボリュームも出せるので、時間がある時はメインおかずとしてアレンジしてみてはいかがでしょうか。

調理には電子レンジを使います。仕上げにオーブン機能を使うと一層美味しくなりますが、レンジ機能だけでも作れるので安心してください。

ミートソース缶と餃子の皮で作るミートソースラザニア風おかずの材料と作り方

まずは材料をご紹介します。取り分ける量によりますが、これからご紹介するのは2〜3人分の材料です。メインの材料はお好みのミートソース缶1缶と、餃子の皮。餃子の皮は15枚ほどあるとボリュームが出せます。その他、溶けやすいチーズかパルメザンチーズ、塩コショウ、耐熱皿に塗るサラダ油を少々、または溶かしバターを用意してください。

作り方はとても簡単です。耐熱皿にあらかじめサラダ油か溶かしバターを塗りましょう。餃子の皮は、耐熱皿に収まるサイズにカット、または千切りにして、少々の水で湿らせて柔らかくしておきます。あとはミートソース缶を開け、耐熱皿にミートソースと餃子の皮を交互に乗せていくだけの簡単調理でほぼ完成です。

お好みでチーズをまぶしたり、仕上げにのせたり、塩コショウで味を整えましょう。あとは電子レンジ加熱をします。600Wの場合3分程です。チーズをカリカリにしたい時は、オーブンで様子を見ながら追加の加熱をしてください。ボリュームを出したい時は、電子レンジでふかしたジャガイモをトッピングすると美味しくいただけます。

ツナ缶とピーマンで作れる簡単おかず

どうしてもあと一皿欲しいのに、料理をする時間がないという日に便利なレシピです。冷ましてから冷蔵庫で保冷をすれば、3日程の保存もできますので、作りおきおかずとしても活用できます。メインとなる野菜はピーマンですが、人参を入れると彩りも鮮やかで見栄えが良く、お弁当のおかずにもぴったりです。

作り方もとても簡単で、こちらも電子レンジで加熱をします。加熱時間も短くあっという間にできるので、毎日忙しい方のサポート簡単料理として、ぜひレパートリーのひとつに加えてください。

また、アレンジしやすいシンプルな味付けでご紹介しますので、時間がある時はそれぞれのお好みで材料を追加するなど、新しいレシピを開発してみてください。

ツナ缶とピーマンで作れる簡単おかずの材料と作り方

用意をする材料は、味付きのツナ缶1缶とピーマン2個、顆粒の中華だし大さじ2分の1と塩コショウ少々です。小皿に取り分ける分量で、およそ2人分の材料となります。彩りを良くするために、人参やもやしなどを加えても美味しくいただけます。人参やもやしを追加する場合、人参はあらかじめ細切りやピーラーで薄く剥いておきます。もやしは柔らかくなりすぎない程度に下茹でをしておきましょう。

作り方も簡単です。まずはツナ缶の余分な油を除きます。軽く油を切る程度で十分です。ピーマンはレンジの加熱でシャキシャキの歯ごたえが残る太さを意識して、千切りにしておきましょう。もやしを追加する場合は、水気を切ります。あとは野菜とツナ缶を混ぜて、中華だしをまぶしてください。

お好みで塩コショウで味を整え、電子レンジで加熱をしましょう。600Wの場合2分程度を目安に、ピーマンの歯ごたえが残る程度に仕上げます。お好みでかつお節やいりごまをのせても良いでしょう。

お惣菜からあげ大活躍の鶏肉とカシューナッツ炒め

下ごしらえの時間を確保してじっくり料理するのがむずかしい時は、お惣菜に頼っても良いのではないでしょうか。しかし、お惣菜をそのまま食卓に並べることに抵抗がある方もいらっしゃるかもしれません。そうした時は、お惣菜を簡単アレンジして悩みを解消してしまいませんか?

使用するのはスーパーなどで簡単に手に入るお惣菜からあげとカシューナッツです。ピーマンやパプリカなどを追加すると、一気に彩りも鮮やかになります。もちろん、お惣菜からあげとカシューナッツだけでも美味しくいただけるので、ぜひ一度作ってみてください。

味付けもキッチンにストックしている調味料だけで十分です。ささっと炒めてメインの簡単おかずを作ってしまいましょう。

お惣菜からあげ大活躍の鶏肉とカシューナッツ炒めの材料と作り方

2〜3人分のメインおかずとして作る場合の材料でご紹介します。用意するものは、人数分のお惣菜からあげ、または冷凍からあげでも代用できます。カシューナッツは100〜150g程用意しましょう。ピーマンやパプリカを追加する場合、彩りが豊かに感じられる程度で十分です。

その他、味付け用調味料として酒、醤油、水を大さじ1と2分の1、砂糖と酢は大さじ1ずつ合わせておきます。辛味を加えたい方は、赤唐辛子を少々用意してください。

作り方は油をひいたフライパンに、からあげ、野菜の順に入れて軽く炒めます。からあげは調理済みなので、全体が温まる程度でかまいません。からあげや野菜が温まったら、カシューナッツと合わせ調味料を入れて具材に絡めましょう。辛味を加えたい方は赤唐辛子もさっと炒めます。

とろみのある仕上がりにする場合、水溶き片栗粉でとろみをつけて完成です。ご紹介したレシピは全て簡単に作れますので、ぜひお試しください。


2018年オススメ家事代行業者ランキング