片付けが子供を成長させる!子供に片付けの習慣をつけたいなら

あなたは片付けが得意ですか?
片付けの仕方はどのように学んだのでしょうか?あらためて考えてみると掃除の仕方は掃除の時間に学校で教わるけれど、片付けを含めた整理整頓というのは習いません。
家庭ごとに、自分の家はこうしていたと親を見て学ぶくらいしか方法がありません。それでも大抵の人が、子供には自分で片付けられる子になってほしいと思っていらっしゃることでしょう。

どうしたら片付けができるようになるの?

やっときれいに片付けても、すぐに物を引っ張り出して散らかし放題になってしまうリビングや子供部屋。小さな子供がいる間はきれいな部屋をキープするなんて無理だとあきらめてしまいますよね。
言葉が分かるようになって「片付けなさい!」と言ってもひとごとみたいに聞こえないふりして先延ばしにしようとする子供。結局は子供自身にやらせるよりも自分が片付けた方が早いと思い、つい片付けを代わりにやってあげてしまう。

「やってあげる」習慣がついていませんか?

学齢期になっても子供は自分の部屋を片付けられず、洗濯のために子供部屋の脱ぎすてられた洗濯物を回収し、布団を干すためにベッドを整え、掃除機をかけるために床のものを机に上げる。
そして机をきれいにしておかないと勉強をやる気になれないと言うので、勉強さえやってくれるならいいか…と机を片付けてあげる。子供が成長してからも、ついついこのようになってしまいがちです。

声かけだけでは効果はない?!

勉強が親の声掛けだけではなかなか取り組めないように、大多数の子供にとってやりたくもない「片付け」を声掛けだけでやらせようと思っても、全く響かないのです。言えば言うほど逆にやる気を失っていくのも勉強と同じです。自分の内側からのやる気が生まれない限りは、片付けは叱られないためにやるだけの作業にすぎません。

やる気を失わせるだけの声掛けは無駄

むしろ学校の宿題は忘れれば先生に叱られたり同級生にバカにされたりするのでやらないといけないという意識がまだありますが、片付けは親のお小言さえやり過ごせば生活に支障がない分だけ、やらないと決めてしまったらこちらは手の打ちようがありません。
親も消耗し、子供もやる気を失って不快になるだけの不毛な声掛けは無駄だと心得ましょう。 片付けの環境づくりをしよう まず子供の生活スペースを見渡してみてください。

子供が一人で片付けられる環境は整っていますか?

小さな子供は「1アクション」でできる片付けしかできません。引き出して入れて閉めるだと「3アクション」です。おもちゃを入れるふたのない箱を部屋に用意して、すべてそこに入れるところからスタートしましょう。
それができるようになったら、分けてから入れる「2アクション」と徐々にレベルアップさせていくのです。

年齢ではなくその子のレベルに合わせた収納を

年齢よりも、その子のできるレベルに合わせて収納を作ってあげてください。そしてこれらの片付けをする時間帯を決めましょう。
できればタイマーなどを用意して、設定した時間内にクリアできたら小さな「ごほうび」をあげるとゲーム感覚で楽しんでやれるようになります。

自発的な意識を持たせる

こうして片付けるといいことがある経験を重ねるうちに、きれいな空間って気持ちいいなという意識がめばえてきます。そうすると散らかっている状態に違和感を覚えるようになり、出したらしまう習慣が少しずつ付いてくるのです。
こうなると、意識が向いているものは自動的に片付けられるようになるので親の出番がずいぶん減ります。

片付けられないものがあるとしたら

片付けられないものがあるとしたら、それは「分けられない」ことからくるので親が一緒になって判断できる基準を作ってあげましょう。中学生になって、テストのプリントが管理できないなどは収納のシステムの問題です。
テストごとにファイルを作り、表紙にテスト名を書いてファイル立てに入れていけばいいなどと筋道をつけてあげれば、次回以降は子供自身でその流れに乗ることができるでしょう。
あとで見返したいときにサッと取り出せる便利さを経験できれば、その習慣を続けようとするので片付けが定着します。

どうしても片付けの指導が難しく感じたら

こういった片付けをプロの視点から指導してくれるのがカジタクの「片付けの家庭教師」サービスです。3歳から12歳までの子供を対象として片付けの指導や実践サービスをしてくれます。
日曜日を除く平日と土曜・祝日の10:00~19:00に対応しているので忙しいご家庭でも対応できます。

片付けのプロによるマンツーマン指導

子供一人につきスタッフが1名ついてマンツーマン指導をしてくれます。現在は東京23区のみですが、今後サービスエリアを拡大する予定だそうです。基本料金は120分で12,000円(税抜)となっており、ここには「子ども収検料」と教材費を含んでいます。
収検とは、初めにスタッフからレクチャーを受けて最後にテキストに載っている全10問の内容に答えるとメダルがもらえるサービスです。
このようにゲーム感覚で子供に楽しんでもらえる工夫をこらしています。他に発生する料金は、30分延長するごとに3,000円(税抜)追加となり、スタッフ移動料として一律960円が必要となっています。

カジタクの「片付けの家庭教師」がすごい!

親が子供のやる気を工夫して上げていくのもとても大事なのですが、やはりプロではないので我流になりがちです。その点、プロは上手にやる気を引き出しながら無駄のない手順で片付けのコツを教えてくれますし、反抗期に入りかかった大きな子供なら、専門スタッフの言葉の方が耳を傾けてくれるでしょう。
また親自身、片付けが苦手な場合は、プロの合理的な整頓方法を一緒に学ぶこともできる点もメリットです。なにより片付けという「家事」を合理的に学ぶことで、モノだけではなく情報や知識も整理整頓できるようになることが期待できます。

片付けで「整理判断力」を養う習慣を

片付けを通して自分自身で考え、整理し、判断する「整理判断力」を身につけることができれば、片付けだけではなく勉強やスポーツ、大人になった時の仕事においても役立つ能力となるのではないでしょうか。
そのような経験を子供にさせることができるなら、決して高い投資ではないと言えるでしょう。


2018年オススメ家事代行業者ランキング