週末に作り置き!1週間分のレシピをご紹介!

平日に仕事が終わったらスーパーに行って食材を買って、家に戻ったら料理をして・・・週末がやってくる頃には心身共にクタクタになっている人は多いことでしょう。結局最後はお惣菜に頼ったりと栄養が偏ってしまうこともあります。そんな時、週末にまとめて作り置きをしておけば普段の食事の準備が格段に楽になり、心と時間に余裕が生まれます。今回、そんな作り置きレシピをまとめて紹介するのでぜひ活用してみてください。

月曜日のレシピ:小松菜と豚肉の味噌炒め

家族四人分の分量で作っていきますが、このレシピのポイントは小松菜を最初に下茹でして水分を取ってから炒めることです。小松菜はそのまま炒めるとかなり水分が出てきますので、料理がぐちょぐちょになってしまう可能性がありますので気をつけてくださいね。

まず初めに小松菜二把分、約400gをしっかり洗って根元を切り落とします。鍋にごま油をひいたら4センチ程度に切って置いた小松菜を入れて酒大さじ二杯、塩少々と共に炒めていきます。水分が出てきますので、1、2分くらいしたら火を止めてザルに上げます。この時小松菜を絞る必要はありません。余熱で水分が飛んでいきます。

次に、フライパンで豚のひき肉を炒めていきますが、最初に生姜のすりおろしとごま油を入れて香りが出るまで炒めます。その中にひき肉を入れて色が変わるまで炒めたら、味噌大さじ4、醤油・砂糖・酒・みりん各大さじ2、そして片栗粉小さじ4を混ぜて作った合わせ調味料を入れて炒めます。最後に小松菜を入れて炒めたら完成です。

このレシピは冷蔵保存で5日、冷凍保存で一ヶ月持ちます。

火曜日のレシピ:チキンナゲット、ブロッコリーと卵のサラダ

外はカリカリ中はふわふわの手作りチキンナゲットのレシピです。家族4人分で鶏むね肉500グラムを使いますが、むね肉はフードプロセッサーで細かくするよりも包丁で叩いて細かくする方がよりおいしくできます。

細かくしたむね肉に酒、醤油各小さじ2、マヨネーズ大さじ2、片栗粉大さじ8、塩・胡椒少々を入れてよく混ぜたら、豆腐一丁、卵一個を入れてさらによく混ぜます。ねばりが出るまで混ぜることでふわふわのチキンナゲットになります。フライパンに油を5ミリ程度の高さまで入れて揚げていきますが、両面がきつね色になったら完成です。

ブロッコリーと卵のサラダはブロッコリー中一株と卵二個を使用します。小房に分けて切ったブロッコリーをたっぷりのお湯でゆがいたら、茹で卵二個をボウルに入れて、マヨネーズ大さじ5、マスタード大さじ1、黒コショウ小さじ1を入れてよく混ぜ合わせます。

チキンナゲットとブロッコリーのサラダは冷蔵保存で5日、冷凍保存で一ヶ月持ちます。

水曜日のレシピ:簡単豚肉のコチジャン炒め

一度食べたら病みつきになる豚肉のコチジャン炒めレシピです。家族四人分で豚バラ肉400グラム、玉ねぎ一個を使います。ジップロックにコチジャン大さじ2、砂糖・酒・みりん各大さじ2、醤油大さじ4、にんにく2かけすりおろしを入れます。その中に豚バラ肉とスライスした玉ねぎを入れてよくもみ込みます。

このまま冷凍保存しておけば3週間持ちますので、仕事に行く前に冷蔵庫で解凍しておけば簡単です。

夕飯時には解凍しておいた豚肉をフライパンで炒めます。具材と一緒に買っておいたエリンギやぶなしめじといったキノコ類を炒めるととてもボリューム満点の一品に仕上がります。甘辛で食がかなり進みますし、豪華に見えるのでお勧めの一品です。付け合わせにお豆腐や納豆を出しておけば家族みんなが満足できる夕飯の出来上がりです。

木曜日のレシピ:牛肉のレンコン炒め

メインディッシュはもちろんのことお酒のつまみにもぴったりの牛肉レンコン炒めのレシピです。家族四人分で牛肉の細切れ400グラムを用意します。レンコンも400グラム用意して、縦半分に切ったら薄さ1センチに切っていきます。フライパンにごま油大さじ1を入れてよく熱したら、レンコンと牛肉を一緒に炒めます。

お肉に火が通ってきたら調味料を入れて味が馴染むまで炒めます。調味料は酒・みりん・醤油各大さじ4、砂糖大さじ2、すりおろしたニンニク小さじ2で作ります。

このレシピは冷蔵保存で5日、冷凍保存で一ヶ月持ちます。もし時間があればお味噌汁を付け合わせに作ってもいいですし、もし時間がなければインスタントのお味噌汁で間に合わせてもいいでしょう。

予備のレシピ:煮込み豆腐ハンバーグ

大人も子どもも嬉しいハンバーグレシピです。健康を考えて豆腐を入れてヘルシーに仕上げます。まず初めに合いびき肉200グラムにみじん切りした玉ねぎ一個分と木綿豆腐300グラムを入れてよく練ります。そこに溶き卵、薄力粉大さじ2、塩コショウ少々を入れてさらに練り込んでいきます。

フライパンに油をひいてよく熱したら、楕円形に形成したハンバーグを入れて両面をしっかり焼いていきます。冷凍保存する場合は祖熱をよく取って、一つずつラップで包んだらジップロックに入れます。これで一ヶ月持ちます。解凍する場合は前日の夜から冷蔵庫に入れて置きましょう。

解凍しておいたハンバーグをフライパンに入れ、酒大さじ2で蒸し焼きにします。そこにケチャップ大さじ4、お好み焼きソース大さじ4を入れて煮込みハンバーグに仕上げます。お弁当にも入れられるので、いつでも使える予備のレシピとして準備しておいても良いですね。

金曜日:チキンのトマト煮込み

金曜日の夜はちょっと豪華なレシピです。冷蔵保存で5日、冷凍保存で一ヶ月持ちます。鶏もも肉は2枚600グラムを用意して、食べやすい大きさに切っておきます。フライパンできつね色になるまで鶏肉を炒めたら、出てきた油を使ってスライスした玉ねぎ中2個、マッシュルーム200グラム、ニンニクふたかけを炒めます。

よく炒めたら、そこにトマト缶一缶、白ワイン100ml、顆粒コンソメ小2、塩小さじ2を入れて中火で20分ほど煮込んでいきます。水っぽさがなくなるまで煮詰めたら完成です。そのまま食べてもいいですし、パスタのソースとしても使用できます。付け合わせにお勧めなのは、アボカドサラダです。

レタス、トマト、アボカドを適当な大きさに切ってお皿に盛りつけて市販のドレッシングをかければ鮮やかで豪華な夕飯になることでしょう。栄養バランスもばっちりの献立です。


2018年オススメ家事代行業者ランキング